求められている要素

塾講師に求められるものは、なによりも指導する力です。 生徒に教えられるだけの学力ももちろんですが、例えばわかりやすく勉強の内容を教えられるかどうか、 複数の生徒全員にわかりやすい解説ができるかどうかなど、指導という面でさまざまな要素が指導力として必要になります。 もちろん人前で話すことが前提となりますから、そういった場面が苦手という人はあまり塾講師としての適性があるとは言えないでしょう。 塾講師に求められるのは指導力であるため、学力だけが高ければ良い訳ではないという事をまず知っておきましょう。

もうひとつ塾講師に求められる点として、生徒のパートナーである事が求められます。 特に受験生などは成績が上がらずに精神的に不安定になってしまいがちですので、 塾講師にはそういった生徒の相談に乗ってあげてサポートをするという役割も求められます。 近年では保護者を含めての面談を行う塾も増えてきており、 より生徒が勉強しやすい環境を作るために塾講師のサポートという役割は多く求められています。 塾講師に求められるものは、指導力と生徒のサポートをするという事です。

生徒に勉強を教えるためには、わかりやすい授業をしたり複数人教える場合は全員に聞こえるように話すなど、 授業を円滑に行っていく必要があります。 また生徒の相談に乗ってあげるなどのサポートをする事も求められるなど、 塾講師にはただ勉強を教える以外にもさまざまな要素が求められているのです。