準備は何をするべきか

塾講師になる際には、まず採用試験と面接を通過する必要があります。 特に採用試験は塾講師として必要な学力を備えているかどうかを試されることになりますから、 事前にきちんと勉強をしておく必要があるでしょう。 必要とされる学力は塾によって変わりますが、 基本的には高校生までで習う内容である場合が多いので勉強をする場合は特に中学生から高校生にかけての範囲の勉強をしておくと良いです。

指導力が求められる塾講師ですが、やはり最低限の学力は必要となりますので、 勉強をまったくしないまま採用試験を受けるという事はおすすめできません。 塾講師の採用試験を受ける際に準備をしておきたいのは、研修期間に向けて研修の内容を知っておくという事です。 塾講師は採用試験に合格してすぐ教壇に立てるという訳ではなく、授業のやり方などを学ぶ研修を受けてから教壇に立つ事になります。

研修では授業を見学したり、先任の講師からアドバイスを受ける、模擬授業を行うといった内容になりますが、 こういった研修を受けるという事を知っておけばメモの準備や模擬授業に向けての資料作りなどもやりやすくなるでしょう。 塾講師になるためには、採用試験への準備としての勉強や、研修期間に何を学ぶかを知っておくといった準備が必要となります。 これらの準備をしているかどうかで、採用試験の合否などが大きく変わります。 準備はきちんとしておくべきと言えるでしょう。